初心者のための登山とキャンプ入門

iPhoneでガッツリ タイピング。Bluetoothキーボード RBK-3200BTi レビュー

リュウドのキーボードRBK-3200BTi

「出先や旅先でガシガシ文章が打ちたい、軽いノートパソコンが欲しい」というところから始まり、いろいろと探し検討した末最終的にはブルートゥースの折りたたみ式のキーボードに辿り着き購入しました。リュウドというメーカーの「RBK-3200BTi」というモデル。ちなみに「i」がついているのはiOS専用で「i」のない「RBK-3200BT 」はOSがアンドロイド、ウィンドウズのタブレットに対応しているようです。

Bluetoothキーボードとスマホのコンビネーションに辿り着くまでの流れ

ノートパソコンは素敵だけど過剰

当初は軽くて安いノートパソコンで良いと考えていたけれど、案外そんなものもみつからず、自分と言えば出先で文字を書くのみ。なのでテキストエディタさえあれば問題なく、ノートパソコンにつけられた機能は自分のやりたいことに対して過剰だった。安くて軽くてバッテリーが持って、テキストエディタだけついているパソコン。それが理想ではあるけれど、どこにも売っていない。

次に行き着くのがワープロ「ポメラ」

ポメラDM100
キングジム デジタルメモ ポメラ DM100

そして次に考えるのがワープロ探し。そこでポメラというワープロを発見する。そしてポメラは僕の理想にぴったりだった。テキスト入力マシンという感じで、シンプルでクールに僕には見えた。
けれど上位機種は高い。下位機種の評価は微妙。実際に使用したことはないし簡単には手が出せない。

そしてスマホとキーボードに行き着く

ポメラもいいんだけどなあと思いつつ色々考えていると、外付けのキーボードでiPhoneをパソコン風にしちゃえばいいのでは?と気づく。そしてキーボード探しの旅へとでる。

キーボードはUSBが良かった。USBはなんとなく、バッテリーの減りが遅そうに思えた。そこでいくらかUSBでスマホに使えるキーボードを探していたが、実用的なレベルなモデルはないように思われた。ということでBluetoothのキーボードを探した。

最終選考に残ったBluetoothキーボード4点

Bluetoothの外付けキーボードの選択肢は多い。タイピングのしやすさ、携帯性を考え最終的には4つのキーボードに絞ることができた。ちなみに、全ては想像とレビューを確認しただけで、どれも触ったことはありません。

Apple Wireless Keyboard

Apple Wireless Keyboard
Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B

タイピングのしやすさ、またiPhoneやiPadとの相性を考えるとこれがベストなのではと考えた。アマゾンで安いものも買える。重さも約300グラムと重くない。キーピッチは19mmで理想。けれど、あまりにもデザインがキレイすぎるから、ザックに直に突っ込んで持ち運ぶことを想像すると心が傷んだ。それに壊れてしまうかも知れない。わざわざケースも買えない。

Logicool 「Keys-To-Go」

Logicool key-to -go
Logicool KEYS-TO-GO for iPad

モバイル性ではベストだと思う。重量180グラム、薄く、そして頑丈そう。素晴らしい。けれど17mmのキーピッチは気になるし、この薄いキーボードはどうなんだろう。打ちやすいのだろうか。いくつか動画を見たけれど、その人たちは打ちやすいと言ったけれど、誰も気迫のある本気のタイピングをしたものではない。なので判断できない。イメージ写真で登山者がザックのサイドポケットにキーボードを入れてるのはすごく魅力的だけれど。

ELECOM「TK-FBP083BK」

TK-FBP083BK elecom
ELECOM Bluetoothキーボード ミニタイプ

キーピッチ19mm、電池なしで240グラム、iOS、アンドロイド、ウィンドウズ対応ですごく理想的。けれど探してもレビュワーが一人しかいなかった。なのですごく未知数で、ネットで調べているだけの人間にはムリで、諦めた。

リュウド「RBK-3200BTi」

RBK-3200BTi リュウド
リュウド iOS専用 Bluetooth RBK-3200BTi

そして最後に購入したリュウドのRBK-3200BTi。電池込で約200グラムで軽くコンパクト。折りたたみ式ってなんだか微妙な感じがしたけれど、とにかくRBK-3200BTiはレビューが良かった。iOSにも対応しているし、アンドロイドでも使えるとどこかで見た。キーピッチ18mmは気になるところだったけれど、価格も高すぎず、レビューの安定感からRBK-3200BTiを選ぶことにした。

リュウド「RBK-3200BTi」のレビュー

リュウドのBluetoothキーボード「RBK-3200BTi」

iPhoneとiPad、ペアリングは非常に簡単ですぐにできた。タイピングも問題ない。レスポンスはどうかと気になったが、タイピングをして画面に表示される感覚は現在PCで使用しているUSBキーボードと変わりない。ただ漢字を変換する時に一瞬もたつくことがある。でもこれは今のところ、気にならないレベル。

以下はiPhoneでRBK-3200BTiを使った時に、テストで書いた文章です。3分くらいでこれくらいの量をストレスなく打つことができました。

--- 2015年3月14日 ---

リュウドのモバイルキーボード届く。rbk-3200BTi届く。キーボードの押し具合はまず問題ない。問題ない。けれど、常に毎日HHKBのメカニカルなキーボード使っている自分としては違和感がある。特に右手の小指あたりがうまくいかない。自分の小指のせいなのかもしれない。それと、話に聞いていたようにエンターキーは非常にミスりやすい。的確に小指で捉えなければならない。適当なところをタイピングするのは許されない。

しかし、そんなことはどうでもよい。iPhoneにこれだけのスピードで文字を入力はできるのだ。こんなに素晴らしいことはない。旅先でもノートと鉛筆はいらない。過剰なノートパソコンも必要ない。信じられない。

さて、あとはバッテリーの問題だ。キーボードのバッテリーは大丈夫だろう。iPhoneだ。機内モードにしたとしてどれくらいもつかだ。1度フル充電して確かめてみたほうがよいだろう。

とにかく、こんな感じでがしがし、ガシガシと文字を打つことができてしまう。エンターキーが小さくスラッシュを押しまくってしまう。あまりにもガシガシタイピングできるもんだから、これはもうカフェでやるとかそういうレベルではない。こんなに本気で入力している人を見たら僕は引くだろう。
あまりにもタイピングしやすいもんだから、カフェでは落ち着いてクールにタイピングした方がよいだろう。でないとついついエンターキーを本気でバシッと叩いてしまう。

iPhoneの画面の小ささとか、全く気にならないし、むしろこの画面とこの文字のサイズは落ち着く感じがする。しかもエディターでの入力はいい。広告を除いてしまえば自分の書いたテキストしかない。入力に集中ができる。ありがたい。

さて、あとは無事に保存しpcへと送るだけだ。それをドリームウィーバーを使ってアップする。手間はどれくらいかかるのだろうか。楽しみだ。

まだ使い始めてから1時間もたっていないけれど、すごく良い買い物をしたと嬉しくなっている。なので無駄に文字を打ちまくっている。しかし先のことはわからない。以上、テスト終了。

テキストエディタ アプリ

iテキスト

テストで使用したのは「iテキスト」という無料のアプリ。無料なので文句は言えないけれど、とても使いづらい。広告があって操作しづらい。作成したファイルはメールで送ることができるけれど少し手間だしそれに、その文章をウェブで使おうと思うとgmailからのコピペだと<p>タグが入っていかない。

Nebulous Notes Lite

広告入りは有料で広告無しは無料。でもこの広告は上のiテキストに比べて鬱陶しくない。そしてiテキストに比べ遥かに扱いやすい。ファイルを管理しやすい。ドロップボックスで同期させておけば保存するだけでドロップボックスに同期される。テキストのサイズをピンチで変更できる。全てにおいてiテキストよりすぐれていると思う。タダで使うのが申し訳ないので買ってあげたくなった。

そして保存したファイルをドリームウィーバーにコピペすると、pタグとbrタグが問題なく入っていた。これさえしっかりと入って入れば僕の使い方ならば何も問題ない。パーフェクト。

素敵なアプリも見つかって、そんな感じではじめてのBluetoothキーボードとiPhoneの組み合わせはすごくうまく行きました。あとは耐久性です。山や旅に持っていて無事かどうか、今後どうなるか楽しみです。

追記:一週間くらい使った後のレビュー

一週間のうちどれくらいこのBluetoothキーボードを使ったというと、ちょこちょこっと。テレビをみながらリビングのテーブルで、布団から出たくない時寝っころがりながら、ラインでの終わりのないやりとりなどに使った。そして今この文章もリュードのキーボードでテレビをみながら打っている。

ノートパソコンを使っている人にはあまりわからないかもしれない。しかし常に仕事用のデスクでしかパソコンをやらない僕にとっては、どこでもタイピングができることは新鮮で感動的だった。そしてスマホやタブレットは娯楽の道具としか見ていなかったので、今iPhoneをすごい道具だなとはじめて思っている。これだけしっかりと文字が打てれば、どこでも仕事ができる。

iPhoneを立てかけるスタンドもいい。階角度の調節もできるししっかりと立つ。iPhoneと接する部分にはゴムがついているので滑ることはない。キーボードの裏にもゴムがついているので打鍵中にキーボードが滑ることもない。
このキーボードを使っていて思うのはよくできているということ。持ち運び用の袋がついてきていたりと細かいところへの配慮が効いていて、良い道具としての魅力がある。使える道具はかっこよく見える。

耐久性は未だにわからない。外で回数使わないとならないだろう。
怖いのは折りたたみする関節の部分。開け閉めの時にガサツ過ぎると壊す可能性があるので、ロックとアンロックをしっかりと確認するようにしている。

テキストエディタのアプリもすごくいい。扱いがすごく簡単。書けば勝手にDropboxへとアップされている。あえて自分で何かをする必要はないので文字を書くことに集中できる。リュウドのキーボードを開きアプリを立ち上げ、新規ファイルで文字を打つだけだ。フォルダも作れるので管理も簡単。

次の旅行が楽しみだ。iPhoneとこのキーボードで、旅先でどれだけの文字が打てるか。重いノートパソコンもいらない、ペンでノートに書く必要もない。バッテリーは気になるところだけれど、文字を書くのが仕事の人間にとってこのスタイルは、今後定番になる気がする。