初心者のための登山とキャンプ入門

AMPでshtmlが機能するか、AMPのファイルを用意するかどうかをテストして判断するページ。

タイトル

グーグルサーチ・コンソールチームさんより「Google では、貴サイトに AMP ページとして提供するとメリットが見込まれるページが多数あることを検出しました。」という内容のメールが届いた。ということでAMPに挑戦してみようと思ったのだけれど、とりあえず一気にことを進めずに、このページで実験をしながらゆっくりやっていきたいと思います。
ちなみにこのページではメモ的に文章を書いているだけなので役に立つ情報はないと思います。検索でたどり着いてしまった方申し訳ありません。

8月10日:shtmlというファイル名、など

画像のテスト

現状、shtmlというファイル名で問題はなさそう。グーグルクロームのチエック機能を使ったけれどエラーはでなかった。スマートフォンでもPCでも表示は問題ない。

いろいろな手間

イメージタグはWidthとHeightを入れたりと手間がかかるけれど、これは検索置換をすればそこまで苦労しないのではないだろうかと楽観している。

アドセンスについて

アドセンスの表示もテストしたけれど問題なかった。ただちょっと望む様には表示されていないので調整必要。でもなんとでもなると予想。

イメージのパス

なぜだかわからないけれど、画像のパスが相対パスではエラーが出た。いや、相対パスという名前だったけかな。ドリームウィーバーだと「ドキュメントルート」ではなく「サイトルート」ではないとエラーが出た。

ウェブマスターツールのサーチコンソールにエラー

ampのページを用意してから2日3日経っただろうか。ウェブマスターツールの「Accelerated Mobile Pages」に「警告: 構造化データ要素が無効です」とのエラーが出た。ついでにGメールにもメールが来た。

ということで構造化データ要素とやらをhttps://developers.google.com/search/docs/data-types/articles参考になおしてチェックツールでエラーが出ないようにした。ついでに、ロゴのサイズとかトップのイメージのサイズの支持もあったのでそれも修正した。とりあえずこの状態でしばらく様子を見てみようと思う。

気になるところと言えば、AMPファイルは無事に認識されているものの、iPhoneで確認してもAMPのページに飛ぶわけではなく、このページが表示されてしまうことだ。 Wi-Fiで見ているからだろうか。スマホの契約をしていないので調べようがないのが残念。近いうちに友人のスマホを借りてチェックしなければならない。

shtmlをhtmlにしてみる

しばらく日が経ったけれど、スマホでこのページにアクセスしてもAMPのページに飛ぶことはない。どうやらAMPのページが存在すれば自動的にAMPのページヘと飛ぶわけではないのかも知れない。ニュース性の強い記事だったりしないといけないのだろうか。仕組みを少しも理解出来ていない。

というわけで、とりあえずAMPのページの拡張子をshtmlからhtmlに変更してテストしてみることにした。今のところ変化は無いけれど、これでしばらく様子をみてみよう。