ボルダリングをする人

初心者のボルダリング入門・上達法

1. ボルダリングとは何だろう?

ボルダリング中に落ちそうな人のイラスト

ボルダリングとは大きな石ころをロープや道具を使わずに体ひとつで登ること

クライミングの種類は大きく「ロッククライミング」、「アイスクライミング」、「シャワークライミング」などがあります。名前の通りロッククライミングは岩を登り、アイスクライミングは氷の壁を、シャワークライミングは水に濡れながら沢(川)を登ったり滝を登ったりします。登ると言うことでくくると、木を登る「ツリークライミング」と言うのもあります。色々なクライミングの種類がありますが、ボルダリングとはこの中の「ロッククライミング」の一つです。

さらに色々とあってややこしくなってしまうのですが、その「ロッククライミング」の中にもクライミングの種類があります。
人工的に取り付けたボルトやハシゴなど、道具を使って登る「エイドクライミング」。そして道具は使わず体ひとつで登ってしまう「フリークライミング」などがあり、ボルダリングは道具を使わず登る「フリークライミング」の一つです。
その「フリークライミング」の中にロープを使って高い岩や人工壁(でこぼこの突起物がつけられた壁)を登る「ロープクライミング」があり、そしてロープは使わずに、比較的低めな岩を登るのが「ボルダリング」です。

長くなってしまったのでまとめると、「Boulder(ボルダー)」(大きな石ころ)を、ロープや道具を使わずに体ひとつで登ることをボルダリングと言います。川原や山に転がっている大きな石ころなどを登るのですが、クライミングジムで人工壁を登る事もボルダリングと言います。
基本的に必要な物はクライミングシューズ。あとは体一つで登れてしまうので、他のクライミングに比べるとかなりシンプルなクライミングと言えます。しかしこのシンプルさがボルダリングの最大の魅力で、始めたいと思ったらすぐに始められること、初めにお金をあまりかけずに済ますことができます。(まともに登山をしようと思うと、登山靴やザック、ウェアなど出費が激しいです・・・。)

そしてボルダリングは上にあげたクライミング全てのベースになります。道具を使うクライミングでも体を使って登ると言うことは一緒なので、ボルダリングで鍛えれば全てのクライミングに役立ちます。シャワークライミング(沢登り)したいなあ、なんて思ってる人も、まずはボルダリングを始めてみるのもおすすめです。また登山で北アルプスに登りたいって人も、ボルダリングで学ぶ事はかなり役立つことでしょう。岩場での体の安定のさせ方、足の運び方、体の使い方など、全てを応用することができます。

2. ボルダリングの楽しみと魅力

1. ボルダリングは気軽に始められる!

色々なスポーツがありますが、ボルダリングの魅力は気軽に始められると言うことでしょう。ボルダリングジムに行けば必要な道具は全てレンタルできるので、まず道具をいっぱいそろえなければならないスポーツに比べると比較的始めやすいと言えます。そして年齢や性別、力があるなしに関わらず楽しむことができるスポーツです。友達を誘っていつでもぷらっとジムに行ける気軽な感覚が、ボルダリングの魅力の1つでもあります。

2. 楽しみながら運動ができる!

スポーツジムでランニングをしたりトレーニングマシーンを使ったり、そんな淡々とした運動が苦手な人にボルダリングはおすすめです。ボルダリングはただ淡々と登ったり降りたりを繰り返すだけではなく、課題をこなす楽しさがあるのです。「どうやったらうまくゴールできるだろう」と体や手足の動きををあれこれ頭の中で考える、ゲーム性が高いスポーツです。

3. ボルダリングにはダイエット効果も!?

雑誌などでも紹介されていますが、ボルダリングはフィットネス効果の高いスポーツとしても注目されています。全身運動のボルダリングは、二の腕やウエストやヒップ、ふくらはぎなどを引き締める効果があると言われています。確かにボルダリングジムに言ってみると女性の数が意外と多く感じますが、ダイエット目的かどうかは聞いてみないとわかりません。。。しかしボルダリングを始めて体重が落ちた、と言う話は良く聞きます。ボルダリングを上達させたいと思うことで食事の量や食事の仕方を考えたり、自分の体の事を考え始めるんだそうです。何かを楽しんでいるうちにダイエットしている、と言うのが確かに理想ですね。

4. 達成感と上達を感じながら楽しめる!

下でも説明していますが、ボルダリングには「課題」と言うものがあります。簡単に言うと、ここから登り始めてここにゴールしましょうと言うもので、その課題がいくつも用意されています。その課題をどんどんクリアしていくのがボルダリングの最大の楽しみ。難しい課題をクリアできた時の喜びはひとしおです。達成感を味わいながら、また自分の上達を感じながら楽しむことができます。

5. いずれはフリークライミングも・・・

私がボルダリングを始めた理由がこれです。ボルダリングで岩に登る技術もクライミングで壁に登る技術も一緒なので、じゃあまずは始めやすいボルダリングをやってみようと言うことで始めました。ボルダリングで課題をクリアするのも楽しいですが、フリークライミングで高い壁に登るのも最高に楽しいです。実際の山を自分の力だけで登りきる達成感。そしてそこからの眺めは本当に気持ちいいの一言につきます。いずれはフリークライミングも、なんて考えている方に是非ボルダリングをおすすめします。

3. ボルダリングは何から始めたらよいか?

おすすめのボルダリング書籍

DVDつきで非常にわかりやすく解説されている2冊です。

ボルダリング1stブック
ボルダリング1stブック
尾川智子のボルダリングbasic
尾川智子のボルダリングbasic

1. まずはボルダリングの本を探してみる

ボルダリングを始めたいな、と思っていても何から手をつけたらよいのか、と言う人も多いはず。まわりにやっている友達もいない。そんな人はまず本を買ってみるのが一番!ボルダリングのハウトゥー本がいくつか販売されているので、それらを買ってみるとボルダリングの事がすごく良くわかると思います。必要な装備や選び方、テクニック、楽しみ方、ボルダー(外の岩)の情報など様々な情報が掲載されています。またDVD付きの本は、動きを目で見て確認できるのでわかりやすく、とても参考になります。You tubeでボルダリングの動画を探してみるのも良い方法です。

2. 実際にやってみるのが一番!ボルダリングジムに行こう

本もいいけどやっぱり体を使って実際にやってみるのが一番。また目の前でボルダリングをしてる人を見ればどんな事をしているのか一目両全です。
ボルダリングは自然の岩場やジムで楽しむ事ができますが、まずはボルダリングのジム(クライミングジム)に行くのがいいでしょう。外より安全にできますし、ジムは書籍やボルダリングに関する道具なども販売しているので、より多くの情報を得ることができます。もちろん雨や風、季節に影響されないのも良いところです。
本やインターネットで近くのボルダリングジムを見つけたら、何はともあれ友達を誘って行っちゃいましょう。もちろん一人でも大丈夫。一人でボルダリングをしに来ている人はたくさんいます。

4. ボルダリングジム・クライミングジムってどんなところ?

ボルダリングジムやクライミングジムと言うのは、名前の通りボルダリングやクライミングの練習をする場所です。ジムのフロアの壁全体に、色とりどりの突起(ホールド)物が大量に取り付けられています。このホールドを掴んだり足で乗ったりしながら壁を登って、ボルダリングやクライミングのトレーニングをするわけです。

1. 課題をこなしながら楽しめる

ジムだからと言って外岩(ボルダー)の為のトレーニング施設、と言う風な感じでは決してありません。むしろ外岩ではやらないけどジム専門でやっている、と言う人も沢山います。それは設定された課題をこなしながら楽しめるからなのです。沢山埋め込まれているホールドの近くには記号や数字が書いてあるテープが張られています。「1」なら「1」の印しのついたホールドしか持ってはいけない、などの課題が設定されているのでゲーム感覚で夢中で楽しむことができます。その課題も簡単なものから難しいものまでいくつもあり、課題をどんどんこなしていく達成感はたまりません!

2. 全くの初心者でも大丈夫

まずはボルダリングの知識がなくてもボルダリングジムに行ってしまいましょう。それがボルダリングを知る一番の近道。知識がなくてもジムのスタッフが設備の案内から課題の楽しみ方、道具の使用方法まで優しくおしえてくれると思います。また上級者から初心者まで色々な人がボルダリングをしているので、後ろで見ていればだいたいどの様な事をやっているか理解できるでしょう。ボルダリングジムのほとんどは一日中利用できるので、ゆっくりと人の動きを観察してみると良いでしょう。

3. 力がなくても大丈夫

ボルダリングって力がいりそうで大変そう、と言われることが多いです。確かにテレビでクライミングをしている人の映像とか見るとすごいですよね。背筋がすさまじいし、逆さに張りついたり・・・。でもボルダリングジムなら大丈夫。初心者のためのコースから上級者向けのコースまで様々あり、初心者コースならハシゴを登れる力があれば充分登れてしまいます。実際にボルダリングジムに行って人を見るとわかるのですが、女性も男性も小さな子供からお年寄りの方、太った方から草食系の人まで様々な人が楽しんでいます。すごく細い女性の人が自分より難しい課題をこなしているなんて事もありました。もちろん筋力も必要にはなってきますが、初めはそれ以外の足の運び方や使い方でカバーすることが出来てしまいます。

4. ボルダリングの道具を何も持っていないのだけれど・・・。

ボルダリングを始めるにはクライミングシューズとチョークとチョークバッグが必要ですが、ジムで全てレンタルできてしまうので買いそろえる必要はありません。シューズのレンタルには靴下が必要になる場合がありますので、靴下だけ持って行くようにしましょう。道具のレンタル料金はおおよそ500円くらいが相場です。ボーリング場でボーリング用のシューズをレンタルするのと同じ様な感覚ですね。

5. ボルダリングの服装は?

クライミング用のウェアはたくさん販売されていますが、初めは動きやすいものであれば充分です。ジャージの様に腕や足が開きやすい様な服装ならばっちりです。またチョークなどで服が汚れてしまう事もあるので、汚れてもかまわない服を選びましょう。

6. ボルダリングジムの料金は?

全国にたくさんのボルダリングジムがあるので一概には言えませんが、利用料金はおおよそ2000円前後です。利用時間などは決まっておらず終日利用の料金体系になっています。中には時間帯割引を行っているジムもあるので、その時間帯を狙うと料金を抑えることができます。またそれ以外に初めての場合には「登録料」がかかってしまいます。これはジムによってまちまちで、無料のところから2000円のところまで様々あります。

ですので始めてボルダリングジムを利用する場合には、登録料+利用料+道具のレンタル代あわせて4000円から5000円くらい必要になります。

7. ボルダリングジムの設備

ボルダリングジムも普通のスポーツジムと同様に、トイレ、ロッカー、自動販売機、更衣室、休憩スペースなどの設備があり、またショップも併設されているのでクライミング用に必要な道具、ウェア、書籍なども購入することができます。シャワーに関しては用意していないジムが多いのですが、足を洗うためのシンクなどは備えられています。

ボルダリングジムに行こう!ボルダリングの始め方へ