初心者のための登山とキャンプ入門

富士山の4大登山ルートを紹介

富士登山の4ルート 地図

富士山の山頂に向かうルートは、「吉田ルート」、「富士宮ルート」、「須走ルート」、「御殿場ルート」の4つありそれぞれに特徴があります。このページでは利用者の多い人気のルート順に、各ルートの特徴や登山時間、距離、難易度などを紹介しています。

石井スポーツ 登山学校

各ルートの距離・標高・歩行時間の比較

富士山の登山ルートの全体地図
画像をクリックすると大きくなります(PDFファイル)
  吉田ルート 富士宮ルート 須走ルート 御殿場ルート
往復距離 14km 8.5km 13km 17.5km
標高差 1450m 1350m 1800m 2300m
登り時間 6時間10分 5時間30分 6時間50分 8時間10分
下り時間 3時間30分 3時間50分 3時間20分 4時間20分
剣ヶ峰往復 +1時間30分 +35分 +1時間30分 +35分
混雑 ★★★★★ ★★★ ★★
疲労度 ★★★ ★★ ★★★ ★★★★★
施設数 (便利度) ★★★★★ ★★★ ★★★ ★★
高山病リスク ★★★ ★★★★★ ★★
下山難易度 ★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★★
地図 地図 地図 地図 地図

各ルートの登り・下りの時間は各人の 体力、疲労度などにより相当な差異が生じます。目安程度にご利用下さい。

なお「登り時間」と「下り時間」には山頂でのお鉢めぐり(富士山の山頂をぐるっと周ること)や剣ヶ峰(富士山の一番高いところ)までの所要時間は含まれていません。お鉢めぐりの所要時間はどのコースも約1時間30分。剣ヶ峰の往復のみの場合は、表の「剣ヶ峰往復」の時間を足して下さい。

※吉田ルートと須走ルートの頂上は剣ヶ峰の反对に位置しているため、往復してもお鉢めぐりと同じ時間が必要になります。

全体図・各ルートのプリントできる地図あります

富士登山地図のアイコン

PDFファイルできれいにプリントできるA4サイズの地図を用意しました。下記リンク先からダウンロードできます。

吉田ルート

吉田ルート
富士登山の地図 吉田ルート
画像をクリックすると大きくなります(PDFファイル)
  • 出発地:富士スバルライン五合目(標高2305m)
  • 標高差:約1450m
  • 往復の距離:約14km
  • 所要時間:登り:6時間10分 下り:3時間30分
  • 剣ヶ峰往復:+1時間30分

富士登山のメイン登山道・山小屋も多く初心者も安心

登山道で最もポピュラーなのが吉田ルートで、6割がこのルートを使います。富士スバルライン五合目が吉田ルートの登り口になり、多くの食堂やおみやげ屋さん、登山用品を売るお店などもあり観光地となっています。首都圏からのアクセスが便利です。天気に恵まれればルート上を歩きながら夕方には影富士を、早朝にはご来光を見ることができます。

吉田ルート上には山小屋も登山客も多く、救護所も3箇所あることから初心者は安心して登ることができます。また登る道と下る道が分かれていることからすれ違いの混雑が起こりにくく、ブルドーザーで均した下山道は道幅も広く段差も少ないことから初心者にも下山しやすいと言えます。

☓ここが弱点

週末やお盆などのピーク時には登山道だけでなく、五合目の駐車場も駐車場までの道も大変混雑します。バスの下車までに時間がかかったり、トイレで並んだり、歩行中も渋滞にはまって予定が大幅に狂ったりするので注意が必要です。ツアー客も多いため、特に八合目では山小屋が激混みしていたりという事が起こりえます。富士登山のピーク時期、もしくは時間帯をずらしての登山が必須です。

吉田ルートに関するページ

富士宮ルート

富士山 富士宮ルート
富士登山の地図 富士宮ルート
画像をクリックすると大きくなります(PDFファイル)
  • 出発地:富士宮口五合目(標高2390m)
  • 標高差:約1350m
  • 往復の距離:約8.5km
  • 所要時間:登り:5時間30分 下り:3時間50分
  • 剣ヶ峰往復:+35分

太平洋を背に登る、4ルート中最短のルート

吉田ルートに次いで人気のあるのが富士宮ルートで、約2.5割の登山者がこのルートを使います。富士登山4ルートの中で最も山頂までの距離が短く、また剣ヶ峰までも一番近いのが魅力です。またルート上からは、天気が良く空気が澄んでいれば駿河湾を一望することもできます。登りの道と下りの道が同じなので道迷いの心配はありません。救護所も一箇所あります。

☓ここが弱点

登りの道と下りの道が同じなので、ピーク時には道を譲りあうため渋滞します。また短い距離で急に高度を稼いで登ってしまうため、高山病を発症するリスクも高いです。高山病対策には特に意識しましょう。また下山時に段差を下るシーンも多いため転倒やヒザを傷めるリスクも他のルートより高くなっています。足首やヒザをいたわりながらの丁寧な下山が必要です。またご来光はルート上からほとんど見ることはできず、富士山の斜面から上がる感じで見られます。

富士宮ルートに関するページ

須走ルート

富士山 須走ルート
富士登山の地図 須走ルート
画像をクリックすると大きくなります(PDFファイル)
  • 出発地:須走口五合目(標高1970m)
  • 標高差:約1800m
  • 往復の距離:約13km
  • 所要時間:登り:6時間50分 下り:3時間20分
  • 剣ヶ峰往復:+1時間30分

ピーク時に登山をする人におすすめ。下山は豪快な砂走り

標高差はありますが、須走ルートは4ルートの中でも距離が2番目に短いルートです。登山者の約1割しかこのルートを使わないため、静かな登山を楽しみたい方、お盆や週末に富士登山を計画している方におすすめです。また六合目近くまでは緑が多く高山植物を見ながらの登山を楽しめるのが須走ルートの特徴。下山時は砂礫の急斜面を下る砂走りを楽しめます。ルート上のほぼどこからでもご来光を見ることができます。

☓ここが弱点

利用者が少ないのは八合目までで、本八合目より上は吉田ルートと合流するため混雑します。山頂で御来光を見ようとすると合流後は渋滞にはまります。また、須走口に戻りたい人が、大勢の吉田口五合目へ向かう登山者につられて道を間違ってしまうという事例が多発しています。本八合目での分岐では十分に注意しましょう。

須走ルートに関するページ

御殿場ルート

富士山 御殿場ルート
富士登山の地図 御殿場ルート
画像をクリックすると大きくなります(PDFファイル)
  • 出発地:御殿場口新五合目(標高1440m)
  • 標高差:約2300m
  • 往復の距離:約17.5km
  • 所要時間:登り:8時間10分 下り:4時間20分
  • 剣ヶ峰往復:+35分

登りが8時間を越える超ロングルート。下りの大砂走りは人気。

全ルートの中で最も標高差が大きく、最も距離が長いのが御殿場ルートで、約6%の登山者が利用します。混雑せず静かな富士登山が出来ることが最大のメリットです。登山道の渋滞や山小屋で激混みを避けたい人にはおすすめです。標高の低いところからジワジワと登っていくため、高山病リクスは最も低いルートです。宝永山も楽しむプリンスルートも人気です。
醍醐味は往路のとても長い砂走りです。ぐいぐいと月面を駆けるような不思議な体験に惹かれて下山に御殿場ルートをとる人も多くいます。五合目登山口へのマイカー規制が無いこともメリットです。

☓ここが弱点

長いコースなのでそれなりの体力と時間を要します。山小屋が少ないのでいつでも買うわけには行かず、食料や水、装備等を計画的に持参する必要があります。水の購入、特に脱水症には気をつけたいところです。またトイレなども意識的に利用したいところです。
また、このルートは午後になると駿河湾で温められた水蒸気が山肌をおりてきてホワイトアウトになることがよくあります。その上登山者も少ないことから、道迷いのリスクが他ルートよりも高く、標柱を確認しながら注意深く下る必要があります。

御殿場ルートに関するページ

お鉢めぐり

富士登山 お鉢巡り
富士山山頂 お鉢巡り
画像をクリックすると大きくなります(PDFファイル)
  • 距離:約2.5km
  • 所要時間:約1時間30分

富士山頂を一周するお鉢めぐり

直径600メートル、深さ約200メートルの富士山の山頂をぐるっと一周することをお鉢めぐりと言います。大迫力の火口を眺めながらゆったりと歩き、久須志神社や浅間神社にお参り、そして剣ヶ峰に登るお鉢めぐりは富士登山者に人気のイベントとなっています。

ただし日帰り登山の場合、下山のことも考慮すると距離もあるので体力的ににきついとおもいます。小屋泊りで時間的に余裕がある、晴れて展望も良く風も強くない、体力も下るのに十分ある、この条件がそろったときに「行きたければ、行く」くらいの気持ちでも良いかもしれません。