初心者のための登山とキャンプ入門

富士山登山の時期と山開き「2016年度の混雑予想・マイカー規制カレンダー」

マイカー規制カレンダー

富士山の山開きとベストシーズン

7月初旬の富士山
7月の初旬には雪が残っている事も。

2016年も、富士山の山開きは ”7月1日” と ”7月10日” の2パターン

富士山の開山期間はかつてはどのルートも7月1日から8月末の2ヶ月間とされてきましたが、世界遺産登録後の2014年以降から大きく変わりました。2016年の開山日は前年と同じですが、閉山日が吉田ルートについて4日間短くなり、これで全ルートとも同日になりました。

富士山の山開きの期間

  • 山梨県側(吉田ルート)2016年 7月1日 ~ 9月10日
  • 静岡県側(富士宮・須走・御殿場ルート)2016年 7月10日 ~ 9月10日
  • お鉢巡りのルート 2016年 7月10日 ~ 9月10日

歩くルートが山梨県か静岡県かによって歩ける期間が異なります。これに合わせる形で山小屋も営業されますのでスケジュールを立てるときはご注意下さい。

実際の登山道開通日はいつ?

過去の山頂までの登山道が開通した日はこのようになっています。

  2012年 2013年 2014年 2015年
吉田口 7/1(日) 7/1(月) 7/1(火) 7/1(水)
富士宮口 7/13(金) 7/8(月) 7/18(金) 7/10(金)
須走口 7/8(日) 7/1(月) 7/10(木) 7/10(金)
御殿場口 7/20(金) 7/1(月) 7/18(金) 7/10(金)

例えば7月1日に山開きといっても、雪は自然に溶けてなくなっているわけではありません。ブルドーザーでかき分け、整備して初めて通れるようになります。

山梨県側では7月1日に山頂で神事を行うという伝統を重んじるという理由でこの日の開山を重視しているようです。しかし過去には、開山はしたものの積雪の影響で山頂付近のトイレの整備が整わずに携帯トイレを配布したり、下の方の山小屋でなるべく用を足してくるように呼びかけたりという対応も行われています。

上の写真は2009年7月4日の吉田ルートです。この年も7月1日に開山でしたが上部にはこのように雪が多く残っていました。登るルートは頂上まで除雪されていましたが、下山用ルートは積雪のため閉鎖されていました。そのため登り用のルートを、登る人と下る人とで譲り合っての通行となり、特に岩場ではかなりの時間を要しました。また、「危険ですので軽装備の人はこれより先に登ることは控えて下さい」、との呼びかけも行われており、ビニール合羽や運動靴の人は声を掛けられていました。

現地であわてないためにも、 予約している山小屋などに出発前に確認すると安心です。

富士登山のベストシーズン

山開きの日から約2ヶ月間の富士登山シーズンですが、ベストシーズンはこのうちの梅雨明けの7月下旬(7月20日頃)から9月上旬になります。7月前半はまだ梅雨の最中なので天気が崩れる事が多く、晴れている日にタイミング良く登山日を調整することが難しくなります。雨降りの登山は難しく、また富士山からの眺めも楽しめない事も多いので、7月下旬の梅雨明けからの登山がおすすめです。

実際の梅雨明けはいつ

過去の富士山地域の梅雨明けはこのようになっています。

2012年 2013年 2014年 2015年
7/23ごろ 7/7ごろ 7/21ごろ 7/10ごろ

2014年では富士山の世界遺産登録にともなって登山者数が増加すると見込まれていたのに、梅雨明けが例年よりも2週間遅かったこととそれにともない残雪処理も遅れたため開山も遅れて、前年よりも2.5万人減という結果になりました。(2015年では梅雨明けも開山も例年通りでしたが、この年は箱根噴火の影響でこれを上回る前年比5万人減となりました) 。

いずれにしても梅雨明けの時期はスケジュールを立てるにあたって重要です。

こちらのHPは梅雨入り・梅雨明けの情報が発表されるたびに更新されます。

週末やお盆は大混雑。平日の登山がおすすめ

7月下旬から9月上旬までが富士登山のベストシーズンと書きましたが、もちろんこの時期の富士山は大勢の登山者で賑わいます。特に週末やお盆の時期には登山者であふれ、時間帯によっては登山道は大渋滞にも。山頂でご来光が見たい、と思っても前がつっかえて進めないこともありますし、またゆっくりと登りたいのに後ろがつっかえて急かされることもあります。ですのでマイペースに登りたい人は、週末やお盆を避けた日程を組んだ方が良いでしょう。またこの時期には山小屋もすぐに予約でいっぱいになるので、この時にしか予定の開かない人は早めに予約を入れましょう。

富士山の混雑予想・マイカー規制カレンダー

富士山 マイカー規制区間の地図
マイカー規制の区間を示した地図。クリックすると大きくなります。

カレンダーの説明

下記は2016年度の富士山の混雑予想・マイカー規制カレンダーです。またご来光の時間が確認できるよう日の出時刻も掲載しています。

黄色の行は混雑が予想される日、ピンク色の行はとくに混雑が予想される日になります。
なおマイカー規制期間中の駐車場やシャトルバスの料金等の詳細な情報は、「富士山マイカー規制 シャトルバスの料金と駐車場、時刻表 」でご確認下さい。

  • 吉田ルートまで(富士スバルライン)のマイカー規制日
  • 須走ルートまで(ふじあざみライン)のマイカー規制日
  • 富士宮ルートまで(富士山スカイライン)のマイカー規制日

※ 御殿場ルートにマイカー規制はありません。

2016年7月

    日の出        
1 4:21       吉田口開山
2 4:22        
3 4:22        
4 4:22        
5 4:23        
6 4:23        
7 4:24        
8 4:24        
9 4:25      
10 4:26 須走・富士宮・御殿場口開山
11 4:26  
12 4:27  
13 4:27  
14 4:28  
15 4:29  
16 4:29  
17 4:30  
18 4:31 海の日
19 4:32  
20 4:32  
21 4:33  
22 4:34  
23 4:34  
24 4:35  
25 4:36  
26 4:37  
27 4:38  
28 4:38  
29 4:39  
30 4:40  
31 4:41  

2016年8月

    日の出        
1 4:41  
2 4:42  
3 4:43  
4 4:44  
5 4:45  
6 4:45  
7 4:46  
8 4:47  
9 4:48  
10 4:49  
11 4:49  
12 4:50  
13 4:51  
14 4:52  
15 4:53  
16 4:53  
17 4:54  
18 4:55  
19 4:56  
20 4:57  
21 4:57  
22 4:58  
23 4:59  
24 5:00  
25 5:00  
26 5:01  
27 5:02  
28 5:03  
29 5:04  
30 5:04  
31 5:05  

2016年9月

    日の出        
1 5:06    
2 5:07    
3 5:07    
4 5:08    
5 5:09    
6 5:10    
7 5:10    
8 5:11    
9 5:12    
10 5:13   4ルート閉山
11 5:13      

2016年(H28)の「混雑予測日ベスト5」を2015年のデータより割出すと

  1. 7/17(日)
  2. 9/3(土)
  3. 8/6(土)
  4. 8/20(土)
  5. 7/30(土)

お盆や海の日はもちろんのこと、土日の登山者はどのルートでも平日の2倍となっています。

混雑する時間帯

吉田ルートの8合目では「16-17時」と「23時-25時」の1日に2回の大きなピークがあります。つまり吉田ルートでは、夕方に小屋に到着し仮眠をとって深夜に再出発し山頂で御来光を見る、というパターンの登山者が多いことになります。渋滞の中登りたくない人はこのパターンと重なることを避けましょう。(環境省統計より)

7月初旬と9月上旬の登山の記録

9月中頃の富士山
9月上旬の富士山頂の様子。山小屋が営業を終えた後の登山はより厳しくなります。(2008年)

開山期間以外の登山道の通行はできません

山梨県・静岡県両県のホームページ等では「富士山開山期間以外の登山道の通行はできません」と明示されています。

海外の山では厳重なゲートが設置されて入山自体が不可能なケースがよく有りますが、富士山ではそこまで厳しく制限がないため入山しようと思えばできてしまいます。しかし気象の変化が特に大きい富士山のオフシーズン登山は以下の理由により遭難リスクも高くなりますので初心者は辞めるべきです。

  • 寒さが厳しくなる
  • 山小屋での食料や水の調達、仮眠や休憩ができない
  • トイレが閉まっている
  • 救護所も終了し、万が一の時に小屋の人も頼れない
  • 寒さ対策のための装備、食料・水、トイレのための装備などが増えて荷物が重くなる

下記のリンク先は、7月初旬と9月上旬の富士登山の日記です。参考までにご覧下さい。

富士山ブック2016

富士山ブック2016
富士山ブック2016 一冊まるごと富士登山の教科書

「一冊まるごと 富士登山の教科書」をメインテーマに、安全に、楽しく富士山に登るために必要な情報を、すべて網羅した富士登山の新しいバイブルとなる一冊。