初心者のための登山とキャンプ入門

富士登山のリュック・ザックの選び方 (容量と機能、背負い方など)

グレゴリーのデイパックイラスト

富士登山をで買おうかどうか迷ってしまうのがザック(リュック)だと思います。高価なものも多く、また30リットルもある大きなザックを買っても富士登山後の出番も少ないと考えてしまうかもしれません。しかし体にあった良いザックを買えば旅行などでも活躍しますし、日本にはまだまだ素敵な山が沢山あるので、この際思い切って購入してしまうのも良いと思います。
ということで、このページではまず富士登山に必要なザックのサイズを考え、そして登山用ザックのメリット、30リットルのザックのメリットを書いてみたいと思います。

石井スポーツ ザックの選び方

富士登山に必要なザックの容量は?

富士登山の装備

私の富士登山の装備を紹介します で紹介した装備の中から、富士登山を想定した装備を選んでみました。これらを30リットルのザックにパッキングしてどんな感じになるか見てみようと思います。 ※モデルにしたザックは姉のもので私は使った事がありませんが、ちょうど30リットルなので使ってみました。

富士登山に”車で行くこと”を想定した装備

ここまで準備される方は多くはないと思いますが、僕が普段登山で使用する装備や持ち物はだいたい以下の様なものになります。

■ ギア

  • ザック、セロトーレのオリオール
  • プラティパス2リットル ソフトボトル
  • 山と高原地図 富士山
  • エマージェンシーシート
  • トイレットペーパー
  • モバイル充電器
  • ザックカバー
  • 細引き
  • ナルゲンボトル500ml
  • トレッキングポール
  • 携帯灰皿
  • 速乾タオル
  • コンパス
  • カラビナ
  • 予備のライターと電池
  • 多機能ツール
  • 救急セット
  • 防水バッグ2つ
  • ゲーター
  • レインウェア

■ ウェア

  • 予備の長袖シャツ
  • ソックス
  • インナーダウン
  • フリース
  • フリースの手袋とネックウォーマー
  • ニット帽

■ ザックに入れずに身に着けていくもの

  • トレッキングシューズ
  • ワコールのスポーツタイツ
  • 長袖シャツ
  • ソックス
  • ズボン

30リットルのザックに荷物をパッキングをする

35リットルのザックにパッキング 30リットルのザックにパッキング2

写真は上記の装備リストのパッキングが終わり背負える状態にしたものです。水は入れていませんが容量にはまだまだ余裕がありザックの6~7割り程度しか使用していません。ここに2日分の食料を足してもいいっぱいになることはないでしょう。厚めのフリースをもう1,2枚入れても問題は無さそうです。30リットルのザックにはかなり入る事がわかります。

グレゴリーのリュックに富士山の装備をパッキング

試しに日常で使っているグレゴリーのデイパック(約25リットル)に上と同じ装備を入れてみました。ギリギリの様にも見えますがまだスペースは作れます。
ゲーターは家に置いていき、給水ボトルはドリンクホルダーなどで外につければかなりのスペースが作れます。さらにザックカバーも使わずに、ザックの荷物全てをゴミ袋やジップロックに入れ防水対策をすれば荷物も減りますし出費も抑えられます。

デイパックは登山用のザックとは異なりますが、このようにして富士登山に使う事も可能です。 しかし登山用のザックにはメリットが沢山あります。このページの下の方で詳しく機能を紹介します。

実際にパッキングをしてみて思ったこと

かさばる荷物が多い時は30リットル前後のザック

上記の様に考えると30リットルもいらない様に思いますが、やはり登山が初めての方は30リットル前後のザックが適していると感じました。と言うのも、装備や防寒着などが登山用のコンパクトなものであれば良いのですが、登山をはじめたばかりの人は代用品を使うことも多いかも知れないと考えたからです。
例えば冬用のダウンジャケットやフリース、かさばるカッパ、大きなペットボトルなどを持って行くと30リットル近い荷物になると想像できます。

公共機関で移動する場合も30リットル

また、車で富士山に来る場合必要の無い荷物は車内に置いて登山ができますが、公共機関で移動する場合は下山後の替えの服、温泉に行くならタオルなども必要になります。ですのでこの様なことを考えると30リットル前後のザックが適切だと思います。

と言う様な理由で、富士登山には30リットル前後のザックが適しているなと思いました。逆に、コンパクトで軽い装備を持っている人は30リットルに満たないザックでも問題ないように思います。

30リットルのザックは旅行にも便利

30リットル前後の容量のザックは富士登山以外の登山にも最適なサイズで、日帰り登山から山小屋で宿泊する登山まで使えます。例えば夏に北アルプスの山小屋に2泊する登山の場合30リットルあれば間に合います。

また規模にもよりますが、旅行でも30リットルサイズのザックは非常に扱いやすいです。これ以上大きなザックになるとバスや電車での移動の際に邪魔になり、移動が鬱陶しく感じます。また30リットルのサイズだと飛行機の手荷物として持ち込むこともできます。 もちろん、30リットル以上の荷物になる事もありますが、基本的には30リットルで収めるというテーマで荷物を選別すれば旅行の移動も快適になります。

登山用ザックの機能と特徴

登山用のザックは頑丈、背負いやすく疲れにくいなどの特徴がありますが、それ以外にも様々な機能があるので紹介します。

ドリンクホルダー

ザックのドリンクホルダー グレゴリー トリコニのドリンクホルダー

上の写真:厳密に言うとドリンクホルダーではありませんが、ザックのサイドがこのような構造になっていると、ペットボトルなどの頻繁に出し入れするものを収納することができるので便利です。

下の写真:グレゴリーの60リットルのザックのドリンクホルダーです。登山中は頻繁に水を飲みますので、このように手の届く位置に飲み物があるのが望ましいです。

雨蓋(あまぶた)

ザックの雨蓋

ザックの蓋の部分を雨蓋と言いますが、ここにも頻繁に使用するものを入れておくことができます。この雨蓋には小物を入れることが多くなりますが、防水袋などにまとめてから入れると管理しやすくなります。

ウエストベルトのポケット

ウエストベルトのポケット

ウエストベルトにポケットがあるとポーチ代わりになり便利です。携帯やカメラ、行動食や地図などの良く使う小物をしまっておけます。

ザック下部から内部へのアクセス(2気室)

ザック下部からのアクセス

大きな容量のザックに多い機能で、仕切りによりザック内部が上下に分けられています。そのため、ザック下部についているジッパーによりザックの奥にある荷物を取り出す事ができます。通常は寝袋を入れることが多い場所ですが、富士登山などでは雨具を入れておいても良いかも知れません。

フロントポケット

ザックのフロントポケット

ザックのフロント部分にポケットがあるモデルもあります。濡れたレインウェアを入れておくとか使い道はあると思いますが、ポケットが多すぎると管理が難しくなります。どこに入れたかわからなくなる人もいたりします。

ザックカバー(付属)

ザックについているザックカバー

こちらのセロトーレのザックにはザックカバーが付属しています。ザックの底部にジッパーがありそこからザックカバーが出て来ました。ザックカバーを別途購入する必要もなくなります。

バンジーコード

バンジーコード

雨蓋の上部にゴムがあり、ここにも荷物を括っておくことができます。

以上の様にザックには様々な便利な機能がありましたが、機能が多すぎると逆に使い勝手が悪いと感じる人もいますし、また機能が増えればザックの重量は増えます。どこに何を入れるかをイメージしながらザックを選ぶと、自分にあったちょうど良いものが見つけられるかもしれません。

その他、動くウエストベルト

エピック35のウエストベルト

富士登山のザックにはこの機能は必要ないかも知れませんが面白いので紹介しておきます。
岩場歩きを意識して作られたザックには、ウエストベルトが体の動きに合わせて動くモデルもあります。ウエストベルトが動くと肩が上げやすくなるので、岩場でもストレスなく手をのばす事ができます。

細くてもウエストベルトのあるザックを

登山用ザックのサイズ色々ザックのウエストベルト・背面の種類

ザックの容量が増えるとウエストベルトがごつくなる

左から約25リットル、30リットル、35リットル、60リットル、76リットルの順に並んでいます。ザックの容量が変わると背負える荷物の量が変わるのは当然ですが、それと同時にザックの体に当たる部分、肩、腰の部分の作りが変わってきます。ザックの容量が増えれば重い荷物を背負うと考えられますので、サイズが大きくなればショルダーハーネスやウエストベルトがしっかりとしたものになっていきます。簡単に壊れないよう、体が疲れない様に設計されています。

ウエストベルトを見てみると、一番左はグレゴリーのデイパックは細い紐が一本あるだけで、水色の30リッターはやや太くてパット入り。黄色はそれよりもがっちりして隣の60リットルになるとかなりごつく作られています。この様に、20、30、35、60とザックの容量が増えるに連れてしっかりさが変わって行きます。(※一番右のザックは76リッターですが、超軽量を目的に作られているので水色のザックほどのウエストベルトになっています。)

ザックは腰で背負うくらいのイメージで

普段利用しているリュックサックは肩にぶら下げて使用している人がほとんどだと思いますが、登山のザックは肩だけではなく腰、背中全体で背負います。通勤や通学の時間だけなら肩のみで荷物を背負っても問題ありませんが、長時間の、それも重い荷物を背負った富士登山では、肩だけでザックを背負うとすぐに疲れてしまいますし、圧迫されて頭が痛くなることもあります。そういう理由で、肩への負担を減らすためにザックにはウエストベルトが不可欠です。

ザックの背負い方は、基本的に腰で背負うくらいのイメージで良いと思います。腰でしっかりと荷物を受け止め、肩のショルダーハーネスで体に密着させる、という感じです。赤ちゃんをおんぶしている様な、そんな感じで背負えるのが理想的です。

少なくともウエストベルトのあるザックを

もし小さなデイパック、リュックサックを富士登山で使用する場合は、グレゴリーのデイパック(上の写真の一番左)の様に細くてもウエストベルトがあるものを選んで下さい。これがあるだけで肩だけで背負うよりも遥かに楽に荷物を担げます。

なおザックの選び方や背負方は、下のリンク先でも書いていますのでお時間があれば読んでみて下さい。

ザックの背負い方

一般的なザックの背負い方の手順と調節方法を紹介します。実際に富士登山をする時と同じ重さの荷物を入れてやってみてください。

1.ザックを膝に乗せて肩を通す

ザックの背負い方1

全てのストラップやベルトをある程度ゆるめておきます。そしてザックの背面上部にあるホールドを持ちザック膝の上に乗せ、それからゆっくりと肩をハーネスに通して背負います。ザックが軽い場合はここまでする必要はありませんが、ザックが重い場合は腰を痛めたりもしますのでこの様な手順で背負ってください。

2.ウエストベルトを締める

ザックの背負い方2

ウエストベルトを締める位置はメーカーによって若干の差があったり個人差もありますが、腰骨の一番出っ張ったところを包む様なイメージで締めると良いと思います。左右均一のちからでストラップを締めましょう。

3.ショルダーストラップを締めザックを背中に近づける

ザックの背負い方3

ショルダーハーネスの下にぶら下がっているストラップを引っ張ります。緩すぎずまた肩が苦しくない程度にひっぱりザックを背中に近づけます。

4.トップストラップを締め密着させる

ザックの背負い方4

ショルダーハーネスの上部にあるトップストラップを前方に引っ張ります。このストラップを引くことで少し後傾していたザックが背中に密着します。あまり引き過ぎないように、ほどほどのところまで引きます。この瞬間、ザックが軽くなった!、と感じる人もいるかもしれません。

5.チェストストラップを締めます

ザックの背負い方5

ショルダーハーネスの胸の位置にあるチェストストラップを締めます。位置は鎖骨から10センチほど下で、チェストストラップの位置を移動できるザックの場合は調節してください。軽くフィットさせる程度に締めましょう。

6.背負い心地を確認します

歩いて背負い心地に違和感が無いかを確認します。肩が苦しければショルダーストラップを少しゆるめたりして調節します。また足が上げられるかも確認しましょう。足があげにくければウエストベルトの位置が低いことになります。

以上がザックの背負方の手順になりますが、それでも肩が痛くなったり腰が痛くなったりすることは登山中によくあります。面倒ではありますが、その時は各ストラップをこまめに調節して最適な状態になるようにしてください。

おすすめの30リットル前後のザック

ノースフェイス テルス 33リットル

ノースフェイスのテルス33
ノースフェイス / テルス 33

富士登山用ではないのですが、30リットルのザックを探してアウトドアショップをハシゴしてかなりの数のザックを試しました。その中でもノースフェイスのテルスの背負い心地は自分には抜群にフィットしました。荷物を入れなくても、5キロほどの重しを入れてみても背負い心地は変わらず良かったです。

機能面やポケット類は全て揃っているしザックカバーも標準装備で値段も手頃。買うならこれだなと思いました。しかし最終的には別のものを選びました。やめた理由は、これは絶対に大ヒットするザックになるだろうと思ったからです。ノースフェイスはブランドだしカラーも豊富だしデザインもいいので絶対にみんな買うだろうなと思ったのです。 (実際に山でテルスを背負っている人を度々みかけます。)

そう言った理由で、ちょっと人とは違うザックが欲しかったのでテルスは購入しませんでした。ですがテルスは間違いなくおすすめなので、ザックを選びが面倒だったり迷った人はぜひ試してみてください。

あると便利なサブザック(ポケッタブルバッグ)

モンベル ポケッタブルデイパック
mont-bell / ポケッタブルディパック 20

メインのザック以外におすすめしたいのが、軽くてかさ張らない「ポケッタブルバッグ」です。使用しない時はコンパクトにできます。休憩時や山小屋で過ごす時に、常に側に置いておくサブザックとしての利用もおすすめですし、お鉢巡りの際には特に役立ちます。お鉢巡りではメインのザックは置いて行き、サブザックに貴重品や水、ちょっとした食料などを入れて持ち運べば体力の消耗を抑えることができます。グループでの登山の場合でも、メンバーの貴重品を一人がまとめて運べば、残りのメンバーに手ぶらのお鉢巡りを楽しませてあげることができます。

それ以外では下山後の着替えや、温泉に入る際の荷物入れとしても役立ちます。