初心者のための登山とキャンプ入門

富士山登山の装備と持ち物リスト

トレッキングシューズイラスト

このページでは富士登山に用意する装備(トレッキングシューズやザックなどのこと)や、持ち物の一覧を掲載しています。耳馴染みのないものや日常で使わない様な道具に関してはその下で詳しく紹介しています。
なおこのページで紹介している登山用品を全て揃える必要はありませんが、専門の装備があれば疲れにくく安全な登山を楽しめます。またこの機会にある程度の装備を用意してしまえば今後の登山でも活躍することは間違ありません。富士登山後には北アルプス・南アルプス・八ヶ岳などにも挑戦してみましょう。

石井スポーツ 登山靴の選び方

富士登山の装備・持ち物リスト

装備と持ち物リスト

基本的な装備・持ち物
トレッキングシューズ ハイカットで靴底がしっかりとしたもの。ゴアテックスなどの防水透湿性の素材がおすすめ。
ザック (リュック) 山小屋泊なら30リットル前後のものがベスト。
ザックカバー ザックの中身を濡らさないためにザックカバーがあると○。
ヘッドランプ 懐中電灯は手がふさがるので危険。昼間の登山でも必要。
レインウェア 上下がわかれた防水透湿性素材のものを。
地図・ガイドブック プリントしたものなどを用意し、事前にコースを確認。
飲料水 1リットル以上入る容器で。
行動食 登山中のエネルギー補給におかしなど。
日焼け止め 標高の高い所は紫外線が強いので肌を守るために。UVリップクリームも必須。
ティッシュペーパー 芯を抜いたトイレットペーパーなどは量があっていい。
薬類 バンソウコウ、消毒液、鎮痛剤、解熱剤など。
ビニール袋 ゴミ入れや着替え入れに。ジップロックは防水に役立つ。
手ぬぐい・タオル 汗拭き、首に巻けば日焼け防止になる。砂埃を防ぐマスクにも。
小銭 トイレを利用する時のために。
   
あると便利な装備と持ち物
トレッキングポール 歩行のバランスをとり、足腰の負担を軽減。
スパッツ・ゲーター 下りの砂よけにあると重宝する。
ウエストポーチなど カメラや行動食入れにあると便利。公共機関での移動時にも役立つ。
モバイル充電器 携帯電話の充電に。
サングラス 日差しよけ、防塵に。
スポーツタイツ 足への負担を軽減。
膝サポーター 急に運動をしたり、筋力が低下している人はあると安心。
エマージェンシーシート 緊急用だがご来光を待つ際の寒さ対策にもなる。
お尻の下に敷くシート ご来光待ちに。断熱素材のものはお尻が暖かい。
テーピングテープ もしくは布ガムテープを少し。靴ずれしそうな時に早めに使用する。

一般的なもの

  • さいふ・ICカード(スイカなど)
  • カメラ
  • コンタクト用品(スペア)・メガネ
  • 化粧品・衛生用品
  • 健康保険証・免許証
  • 携帯電話(予備バッテリー)
  • 温泉セット
  • 下山後の着替え
  • 時計

山小屋泊りで用意したいもの

ボディーシート 山小屋にはシャワーがないので体を拭くために。
化粧落としシート 日焼け止めを塗り直したいひとは。
アイマスク 山小屋や公共機関を移動する際に使用。
耳栓 山小屋での就寝時に。
防水バッグ ガサガサと大きな音が出るビニール袋の代わりに。
歯磨きガム 山小屋には洗面所がないので。

富士登山の服装(こちらで詳しく説明しています

防寒着 フリース、ダウン、セーターなど。軽くてコンパクトになるものが最適。
シャツ 長袖。吸湿速乾性の素材を。綿は乾きにくいので避ける。
ズボン 長ズポン。綿は避ける。伸縮性に優れたものが歩きやすい。
アンダーウェア 速乾性のものがベスト。綿は乾きにくいので避ける。
帽子 日よけに、また朝夕や頂上は冷え込むので、耳までかぶるニット帽があると良い。
ソックス 汗をすいとる中厚手のしっかりとしたものを。
手袋 手の保護や日よけ、防寒対策に。
ネックウォーマー 寒さ対策に。薄手の「ゲーター」と呼ばれるものは日焼けや砂埃対策にも。

装備と持ち物のチェックリスト

富士登山の装備チェックリスト
装備と持ち物のチェックリストPDF

プリントして使える富士登山に必要な装備と持ち物のチェックリストです。出発前の確認やお買い物の際にご利用ください。

基本的な装備の紹介

トレッキングシューズ・登山靴

キャラバンのトレッキングシューズ
Caravan / トレッキングシューズ C1-02S

靴はトレッキングシューズが最適

トレッキングシューズは軽登山靴とも呼ばれ、一般的な革製の重登山靴に対し、ナイロンや柔軟な革を使用した比較的軽快な登山靴のことをいいます。テントなどの重い荷物を持って縦走したり、積雪期に登山をする場合には本格的な重登山靴が必要になりますが、富士山の登山ではそこまでのものは必要ありません。軽くて動きやすいトレッキングシューズが最適です。特に山に不慣れな初心者の方におすすめです。

スニーカーは???

日常で履くスニーカーはソールが柔らかいため、富士山のでこぼこの道では体重を乗せづらく力が入りません。そのため疲れやすくなりますし、怪我の原因にも繋がります。そして富士山には砂だらけの道、岩だらけの道、ぬかるんだ道と様々なシチュエーションがあります。その様々なシチュエーションに対応するためにも、グリップ力と安定感のあるトレッキングシューズが適しています。またく足のるぶしまでを包むハイカットのトレッキングシューズは疲れにくく怪我もしづらいので、富士山の様な長い距離を歩く登山でにおすすめです。とは言っても「一回のためだけに買いたくない!」と思う人が居るのも当然です。そんな人は下記のリンク先を参考にしてください。

トレッキングシューズの選び方

靴は富士山に登る一番重要な装備とも言えます。ネットショップなどで買わず、必ず登山専門店で直接店員さんと相談しながら選ぶことが大事です。サイズが同じでも、甲が高いとか広いとか、内部の当たりが硬いとか靴によって個性があるのです。自分に合わないものを買ってしまうと登山中痛くて歩けなくなる事もあります。時間がかかっても良いと思いますので、何足か試し履きをして5-10分歩いてみて、自分が納得したものを購入しましょう。ちょっときつかったり、違和感があってもまあいいや、と思わずとことん自分にあったものを探してみて下さい。
トレッキングシューズ選びについては下記リンク先で詳しく書いています。

ザック・バックパック・リュックサック

ノースフェイスのテルス33
ノースフェイス / テルス 33

ザックも体にあったものを選ぼう

ザック、バックパックなど色々な呼ばれ方もしますが、リュックサックと言うのが一般的ですね。
登山用のものと普段使いのリュックサックのどこが違うかと言いますと、登山のものは長時間重い荷物を背負っても疲れにくい様に設計されています。しっかりとしたショルダーハーネスとウエストベルト、バランスよく荷物をパッキングできる形状、破れにくくそして軽いこと、そのような特徴が登山用のザックにはあります。

ザックのサイズはリットル(容量)で表し、10リットル前後のザックから90リットル以上のものまで様々用意されています。登山のスタイルにより選ぶザックは異なりますが、富士山の登山には30リットル前後のザックが適当です。

ザックの選び方

ザックもトレッキングシューズ同様フィット感が重要です。体に合わないものは疲れやすくなりますので、直接ショップで背負い心地を確かめる事が大切です。店員さんと話しながらいくつかのザックを背負い、また重石なども入れて実際の感覚で背負ってみることをおすすめします。こっちのザックは軽く感じるけど、こっちは肩が痛い気がする、ということがわかると思います。
また、ザックについては下記リンク先のページで詳しく紹介していますので参考にしてみてください。

ザックカバー

ジャストフィットパックカバー
mont-bell(モンベル) ジャストフィットパックカバー 30

ザックカバーは雨からザックやザックの中身を守ります。山では雨が降りやすくあると安心です。30L・40Lなどザックのサイズ毎に販売されているので適したサイズのものを選びましょう。(ザックカバーの代わりにゴミ袋などでも対応できますが、飛んでくとゴミになってしまうので気をつけましょう。)
ザックカバーを標準で装備しているザックもあります。上で紹介しているノースフェイスのテルスにはザックカバーが付属しています。

ヘッドランプ・ヘッドライト

PETZL ティキナ
PETZL(ペツル) ティキナ

手がふさがってしまう懐中電灯は登山中の使用は危険ですが、ヘッドランプなら頭に装着できるので安全です。山小屋でも使用する機会が多く用意したい装備の一つです。予備の電池も用意しておくと完璧です。またヘッドランプは防災用として、用意しておいても良い物だと思います。

レインウェア

ノースフェイス レインテックスエアロ
ノースフェイス レインテックスエアロ

山では雨が振ることが多く登山では必須のアイテムです。高価なものが多いですが、高機能なレインウェアは蒸れにくく快適です。またご来光を待つ際はアウターとなり、冷たい風から体を守ってくれます。

帽子・ハット

ノースフェイス ホライズンハット
ザ・ノース・フェイス / ホライズンハット

日陰もなく直射日光を浴び続ける富士登山では帽子の役割は大きいです。帽子のツバが顔に日陰部分を作ってくれないと、眩しすぎて目や顔の皮膚から疲労してきます。また、何かしら頭に被っているということは落石からの頭部の保護として重要です。雨の時には、フードの下に被ることでヒサシになり、顔に雨がかかるを防いで視界を保ってくれます。

富士登山に限って言えば、短期間の登山なのでどんな帽子でも良いですが、登山用として買うならツバが広く折り畳めて、濡れてもすぐに乾くハットが汎用性があります。

ノースフェイス サンシールドハット
ノースフェイス / サンシールドハット

首筋をガードするフラップが取り外して使えるものや、濡らして体温を下げる機能をもつもの(クールビット)もあってオススメです。

富士登山の地図

山と高原地図 富士山 御坂・愛鷹 2016

昭文社より出版されている登山地図の「山と高原地図」の富士山エリアの地図です。毎年最新版が発売されている、40年以上のロングセラーの登山・ハイキング用の定番の地図です。
富士登山のコースに関する詳細な情報はもちろんですが、周辺の公共機関の情報、温泉、その他のコースと情報満載です。

プリントできる富士山の登山地図 のページに当サイトオリジナルの地図を用意していますが、そちらは簡易版なので、こちらの「山と高原地図」の様な本格的な地図を用意することをおすすめします。

あると便利な装備の紹介

BUFF(ネックウォーマー)

UV BUFF
HIGH UV PROTECTION BUFF(R)

BUFF(バフ)とは伸縮性のネックウォーマーの様なもので、首に巻く以外にも様々な使い方ができます。顔を覆って紫外線対策をしたり、下山時には砂塵除けのマスクとしても活躍します。バフには薄手の物から厚手のものまで様々ありますが、富士登山では薄手でUV機能がついたもの(HIGH UV PROTECTION BUFF・95%紫外線ブロック)がおすすめです。乾きも早いです。

トレッキングポール・ストック

レキ SPD サーモライトAS
レキ LEKI SPD2 サーモライト AS

ストックとは歩行のバランスを保ち、足腰への負担を軽減させる役割を持つ杖の事を言います。ストックを2本で使用するI字グリップ、1本で使用するT字グリップに分かれます。ストックの種類も様々で、カーボン素材の超軽量のもの、地面からの衝撃を軽減するもの、カメラの一脚として使用できるものなどがあります。木の杖とは違いコンパクトにする事ができるので、必要のない時には収納しておくことができます。

ゲーター・スパッツ

モンベルのゴアテックススパッツ
モンベル GORE-TEXライトスパッツセミロング

スパッツとは靴に入り込む雨や砂、小石を防ぐものです。富士山の下山道、特に砂走りでは大量の砂が靴に入るのであると重宝します。

スポーツタイツ

CW-Xスタビライクスモデル
CW-X スポーツタイツ スタビライクス

脚力に不安がある人、急に運動する人、より快適に登山を楽しみたい人、そして特に膝に不安がある人に積極的に使用して欲しいのがスポーツタイツです。
ワコールのタイツは私も使っていますが、やっぱり履けば下りが楽だと感じます。周りにも愛用者は多いです。

膝サポーター

リガードのにーガードパテラアンダー Kg-5
REGUARD ニーガード・パテラアンダー KG-5

膝サポーターは筋肉や関節の過度な動きを抑えて補強し、膝への疲労やストレスを軽減してくれます。高齢者の方や膝を痛めた経験がある人は用意しておくと安心です。

防水バッグ

sea to summit の防水バッグ
シートゥーサミット ウルトラSIL ナノ DRYサック13L

夜山小屋で過ごす時は、大きな音の出ない防水バッグなどを使えば周りに迷惑をかけません。また防寒着などの濡らしたくない服を雨から守ったり、下山後は汚れた服を入れたり、温泉用のバッグなんかにも使えて便利です。サイズに関してはこちらのページで紹介しています。

ソフトボトル、ドリンクボトル

プラティパスの2リットル
Platypus / プラティパス 2

ソフトボトルは使用後に小さくできますし、形状も変化するので小さいザックなどにもパッキングしやすいです。また登山用のザックにはソフトボトルを入れるためのポケットが用意されている事が多いので収納に困りません。グループでの登山の場合、誰か一人が多めに水を持っておけば万が一の備えにもなるのでおすすめです。なおこちらは2リットルのタイプですが、1リットルのものもあります。

ナルゲン500ml ボトル
nalgene(ナルゲン) 広口0.5L Tritan スレートブルー

ドリンクボトルはペットボトルで十分ですが、こちらのナルゲンのボトルは長く使っていけるのでおすすめです。本体と蓋がフックで繋がっているので蓋を落とす心配もありませんし、匂いがつかなかったり、広い飲み口で洗いやすかったりと登山では定番のボトルです。安いですが良い道具です。

サブザック(ポケッタブルバッグ)

モンベル ポケッタブルデイパック
mont-bell / ポケッタブルディパック 20

メインのザック以外にあると便利なのが、軽くてかさ張らない「ポケッタブルバッグ」です。使用しない時はコンパクトにもできます。休憩時や山小屋で過ごす時に、常に側に置いておくサブザックとしての利用もおすすめですし、お鉢巡りの際には特に役立ちます。お鉢巡りではメインのザックは置いて行き、サブザックに貴重品や水、ちょっとした食料などを入れて持ち運べば体力の消耗を抑えることができます。グループでの登山の場合でも、メンバーの貴重品を一人がまとめて運べば、残りのメンバーに手ぶらのお鉢巡りを楽しませてあげることができます。

それ以外では下山後の着替え時や、温泉に入る際の荷物入れとしても役立ちます。

ショルダーポーチ・ウエストポーチ

アークテリクスのマカ1
アークテリクス MAKA2

出し入れの多い小物やカメラ、携帯電話、行動食等を入れるのに小さなポーチがあると便利です。また休憩中やトイレに行く際、貴重品を持ち運ぶバッグとしても活躍します。こちらのアークテリクスのポーチはショルダーポーチ、ウエストポーチとして使えます。デザインも良いので普段使いにも向いています。

フロントポケット(ザック装着型)

THE NORTH FACE フロントアクセサリーポケット
THE NORTH FACE フロントアクセサリーポケット

こちらはザックの肩のストラップに装着して使用するタイプです。普通の肩掛けのポーチに比べバランスが良く安定感もあるので長時間身につけていられます。ザックのストラップにフックを引っ掛ける箇所があれば使用できます。

THE NORTH FACE フロントアクセサリーポケット2

アクセサリーポケットという名前の通り、内部にはポケットがいくつがあるので小物を整理して収納できます。秀逸なのがマップケースの存在です。地図を開いて現在地を確認する、という作業がおっくうな人におすすめです。

携帯・デジカメケース

グレゴリー パデッドケース
GREGORY / パデッドケースM

ザックのショルダーハーネスに取り付けて使用する小さなケースです。スマートフォンやデジカメなど出し入れの多い物を入れておくと、ザックを下す手間を省くことができます。

お尻の下に敷くシート

サーマレストのZシート
サーマレスト Zシート

断熱性の高いシートがあるとご来光待ちや休憩中にお尻を冷やさずに過ごせます。クッションもあるのでデコボコの地面でも快適です。雪の上でも暖かいですし、しかも軽いので釣りや野球観戦、フェスなどにも気軽に持っていけます。クオリティはまったく違いますが、似たようなシートは100円ショップでも買うことができます。

速乾タオル

MSR 速乾タオル
MSR PackTowl(パックタオル) Nano M

荷物を少しでも軽くコンパクトにしたいなら、すぐに乾く「速乾タオル」がおすすめです。拭いてしぼって拭いてしぼってを繰り返せばバスタオルの代わりにもなります。

エマージェンシー(サバイバル)シート

エマージェンシーシート
サバイバルシート リバーシブルタイプ

従来は遭難等の緊急時に使用し、体温低下を防ぐ防風・断熱シートですが、それ以外でももちろん使えます。富士山の山頂で寒すぎる時にこのエマージェンシーシートにくるまれたり、ちょっと昼寝をする時なんかにも最適です。また着替えの目隠しにもなるので一枚持っておくと便利です。

私が使っている富士登山の装備

富士登山の装備一例

下記のリンク先では私が富士登山に持って行く装備を写真で紹介しています。便利な登山用品や装備もいくつかあると思いますのでお時間があれば目を通してみてください。