初心者のための登山とキャンプ入門

登山用品(装備)と持ち物リスト

楽しい登山のイメージ

登山の基本的な装備、料理に必要な装備、テント泊に必要な装備の一覧です。リスト中のリンクをクリックすると装備を詳しく説明したページにジャンプします。またPDFのプリント出来る「装備のチェックリスト」も作成しました。登山出発前の忘れ物の確認や、買い出しの際にお役立て頂けたら幸いです。

持っていない登山用品(装備)は代用品で

ページの下にある装備の一覧を見て「登山に必要な装備はたくさんあってお金もかかりそう」と思われる方もいると思います。でもたぶん、登山は他のアウトドアスポーツに比べて道具も少なく始めやすい方だと思います。波や雪の上を走る大きなボードもいらないし、自転車の様なメカニックな物も必要ありません。靴やザック(リュックサック、バックパック)、レインウェアなど、登山では日常的に使う物が装備のほとんどです。ですので、登山で使用する道具や装備は代用する事ができます。例えば高尾山や自然歩道の様なコースなら普段履いているスニーカーでも歩けますし、ヘッドランプの変わりに懐中電灯を用意すれば良いでしょう。ハイキング程度ならザックも専門のものでなくても普段使っているもので代用することもできます。

もちろん登山専門の装備は便利だったり機能的だったりしますが、まずは代用品を使い簡単な登山からはじめ、登山の難易度を上げるにしたがって必要な装備を買い足していく、と言う方法がおすすめです。もう少し大きいザックだと便利だな、料理を作ってみたいな、あの人の使っている道具が便利そうだな、など登山を経験する中で気づくことも出てくると思います。

登山用の装備の特徴

登山の装備は大自然の中で自ら持ち運ぶ、という事を前提に考えて作られているので、全体的に軽くてコンパクト、頑丈、濡れに強いなどの特徴があります。キャンプでも似たような装備を使いますが、キャンプ道具は快適さに重きを置く傾向にあるので重さや大きさはあまり考慮されていません。

登山靴やザック(場合によってレインウェアも)は一日中常に体に接触している装備なので、軽くて頑丈、濡れに強い等に加えて、疲れにくい様に、快適な登山を続けられる様に、と言った工夫がされています。

靴、ザック、レインウェアは直接お店で買おう

前述した様に、登山靴(トレッキングシューズ)、ザック、レインウェアは一日中身につけて歩く装備ですので ”体のサイズにあっている” 事がとても重要になります。なのでこれらの装備を購入する場合はアウトドアショップ、登山用品店で直接フィッティングを確かめてから購入しましょう。この3点以外の装備はネットの評価やレビューを確認しながら買うのは問題無いと思います(ショップの店員さんに相談すると言うのも大事ですが)。

登山の基本的な装備と持ち物リスト

登山の基本的な装備の一例

日帰り登山、山小屋泊登山、テント泊登山など山登りにはいくつかのスタイルがありますが、下記のリストはどのスタイルの登山でも必要になる基本的な装備です。
”あると便利な装備” は必ず用意しなければならない装備ではありませんが、使用している登山者が多い装備や、登山の内容によっては用意したい物の一覧です。

装備・持ち物名 装備の説明
登山靴
トレッキングシューズ
簡単な山歩きならスニーカーも可。
ザック 重要。荷物の少ない日帰りの数時間の登山なら普段使いのザックも可。
レインウェア 必須。上下に分かれた蒸れにくい素材のものがベスト。
ザックカバー ザックを雨から守るために。なければゴミ袋で代用も。※飛ばないよう注意。
水筒 なければペットボトルで代用。少なくとも1リットルは水を持ち運べる様に。
ヘッドランプ 懐中電灯でよいが手が塞がるのでヘッドランプがベスト。昼の登山でも必須。
予備電池 ヘッドランプもしくは懐中電灯用の予備電池。
コンパス おもちゃの様なものでなければよい。
登山用地図 最低何かしらの地図は必要。広範囲で細かく書かれているものが良い。
腕時計 防水機能があるものを。
山行計画書 万が一事故が起きた場合に備えて。
携帯電話 スマートフォンであればGPSの地図アプリなどを入れておくと安心。
エマージェンシーシート 超薄手の保温断熱素材のシート。病人や怪我人の保護にも。
筆記用具 コースタイムの記録用に。登山届を記入の際に必要な場合も。
ライター 緊急用に。BICなどの着火石点火式が最適。
手ぬぐい・タオル等 汗拭き以外にも救急用、日焼け防止として役立つ。
ティッシュペーパー 芯を抜いたトイレットペーパーが量があっておすすめ。
薬類 バンソウコウ、消毒液、鎮痛剤、解熱剤など。
行動食(おやつ) 登山中のエネルギー補給におかしなど。
非常食 緊急用に、日持ちが良くカロリーが高いものを。
健康保険証のコピー 万が一のためにコピーを用意。
ビニール袋 ゴミ入れや着替え入れに。ジップロックは防水に役立つ。
カメラ コースタイムの記録にも使える。
日焼け止め 日焼け止めはもちろん、UV入のリップクリームも用意したい。
   
あると便利な装備、状況によっては用意するもの
ゲーター 小石や雨が靴の中に浸入するのを防ぐ。ズボンの裾の引っかかりをなくす。
トレッキングポール 杖の様なもので、歩行のバランスをとり足腰の負担を軽減。
ナイフ ナイフ、マルチツール等料理用にも、非常用としても持っていいたい道具。
折り畳み傘 長い林道歩きやバス利用時などに役立つ。
軽アイゼン コースに雪渓がある場合には4~6本爪の軽アイゼンを。
サングラス 雪渓や高山歩きには必要。
ウェットティッシュ 汗拭きや化粧落としとして。
携帯灰皿 タバコを吸う人は必ず。
小物入れ ウエストポーチなど。地図や行動食、日焼け止めなどの小物入れに便利。
モバイル充電器 バッテリーの消耗が激しいGPSアプリを使用する場合

装備のことをより詳しく解説したページ

登山の3大装備は「登山靴、ザック、レインウェア」と言われていますが、その3点は価格も高く種類も多いので買う時には悩むことが多いです。下記リンク先でそれら3点をより詳しく解説していますので、是非参考にしてみてください。

服装

登山の装備ではありませんが、登山の服装は装備同様に重要なので一覧にしました。下記リンク先で、登山ではどの様な服装や素材が適しているか、などを詳しく解説しています。

肌着 ポリエステルなどの化繊の素材を。長袖がベター。
パンツ(ズボン) 動きやすい化繊素材のズボンを。長ズボンがベター。
防寒着 夏でも防寒着を用意する。フリースやダウンが定番。
靴下 靴擦れや足の保護、怪我の防止のために厚手の靴下を。ウールがベスト
帽子(ハット) 日よけや頭の保護。寒い季節には防寒用に。
手袋 寒い季節の登山では用意したい。 防水のグローブもおすすめ。
スポーツタイツ 筋肉や腰、関節のサポートに。体力、筋力に自信がない人に。
着替えのシャツ シャツが濡れてなってしまった時の予備用。防寒着にもなる。
替えの靴下 靴下が塗れると靴擦れの原因になるので、天気次第では用意したい。

装備と持ち物のチェックリスト

持ち物と装備のチェックリスト

登山の持ち物と装備の「チェックリスト」を作りました。A4サイズなのでプリントがしやすくなっています。登山の準備の際に、また買いだしの際などにお使い頂けたら幸いです。

料理・テント泊の装備のリスト

料理道具

登山の料理道具

登山でお湯を沸かしたり料理を作る人に必要な装備の一覧です。下記リンク先でそれぞれの道具の解説や使い方、料理で使う便利な道具などもたくさん紹介しています。

装備・持ち物名 装備の説明
ストーブ アウトドア用のコンロ。ガス、ガソリン、アルコールなどの燃料を使用。
燃料 ストーブの燃料(ガスカートリッジ、ガソリン、アルコールなど)。
クッカー アウトドアに適した鍋、食器セット。湯を沸かす、煮る、炒める、炊飯に使用。
ナイフ 食材切り、また非常用にも。
カトラリー 箸、スプーン、フォークなど。
ライター 自動点火装置付きのストーブでも念のため用意。BICなどの着火石点火式が最適
ぐんて 綿100%の物を。

テント泊の装備

登山 テント泊の装備

テント泊をする人に必要な装備です。山小屋泊では下記の装備は必要ありませんが、避難小屋に宿泊する人はシュラフとマットが必要になります。 リンク先でテント泊の装備を詳しく解説しています。

装備・持ち物名 装備の説明
テント 登山には山岳用の軽量テントを。
シュラフ(寝袋) 予算に余裕があればダウンの寝袋を用意したい。
シュラフカバー シュラフの保温力アップや防水に。ダウンのシュラフを使用する場合あった方が良い。
マット 空気を注入するコンパクトなもの、ロールタイプかあり好みが分かれるところ
サンダル テント場での移動時にあれば快適。

テント泊で料理も作る装備の一例

登山でテント泊で料理を作る装備

テント泊をしつつ料理を作ろうと思うとおおよそこれくらいの装備になります。登山靴もザックも並べてしまっているのでボリュームがある様に見えますが、実際はそうでもありません。

雪山登山の装備の一例

雪山登山の装備の一例

雪山(岩場)を歩こうとすると、アイゼン、ゲーター、ピッケル、暖かいグローブと帽子、登山靴などが必要になります。