初心者のための登山とキャンプ入門

登山用レインウェア(雨具)の選び方と雨対策

雨の山を傘をさして歩く人

レインウェアは登山の必需品。必ず用意しましょう。

雨の日の登山は滑りやすく危険ですので初心者の登山には向きません。事前に天気予報を確認し、降水確率が高い場合は登山を中止するのが無難です。しかし晴れだからと言って雨が降らないわけではありません。山の天気は変わりやすいので、雨は常に降るものと考えレインウェアは必ず持っていきましょう。レインウェアはザックや登山靴と同様に重要な登山用品なので、「雨具は予備に」と考えず、登山には必ず持って行く必要があります。またレインウェアだけでなく、小型の折りたたみ傘などもあると便利なこともあります。稜線や風が強い時に使用するのは危険ですが、遊歩道や林道歩き、休憩中などに役立ちます。

登山のレインウェアは、ジャケットとパンツに分かれたタイプが適しています。レインコートやザックの上からかぶる"ポンチョ"と呼ばれるものもありますが、風にあおられやすいので危険です。またレインウェアは防風性も備え防寒着にもなりますので、休憩時にサッと取り出せて羽織れるジャケットタイプのものが適しています。

石井スポーツ 2016冬季 岳人祭

レインウェア選びのポイント

登山用のレインウェアは迷ってしまうほどたくさん販売されています。登山具メーカーのものもありますし、登山用品店のオリジナルレインウェアなども販売されています。それぞれ素材や性能が異なりますので、登山用品店で店員と相談しながら購入するのがおすすめです。

透湿性に優れたレインウェアを選ぼう

レインウェアは防水性の他に透湿性に優れたが素材を使用したものを選びましょう。安く販売されているカッパには、防水性があっても透湿性がありません。これを登山で着てしまうと衣服内の水蒸気を外に逃がすことができず汗だくになってしまいます。その汗が風に冷やされると体力を消耗し、場合によっては低体温症にもなりかねませんので注意が必要です。防水性と透湿性に優れた素材の代表はゴアテックスです。

店頭で着用して選ぶ

レインウェアも他の登山用品と同様に、実際に店頭で着用してから購入しましょう。足や手を動かしてみて動かしにくい場所がないか確認し、動かしにくいようであればもう1つ上のサイズを。また素足に履かずにズボンの上から履くことになりますので、多少大きいくらいのサイズでも良いと思います。
レインウェアのパンツの履きやすさも確認してください。実際には登山靴を履いたまま履くことになりますので、裾の部分がジッパーで開閉できるものが履きやすいです。あとはベンチレーター(換気口)のあるものは熱を逃すことができるので、ベンチレーターがあるかどうかも確認してみましょう。

ベンチレーター
脇の下から肘までのベンチレーター。

高価でも優れたレインウェアを

最後に欲を言えば軽量でコンパクトに収納できるレインウェアがおすすめです。登山では必要な登山用品がたくさんあるので、なるべくなら一つ一つの重量を軽くしたいものです。しかしこれだけのものを探すととどうしても高価なレインウェアになってしまいますが、良い物は登山以外の色々な場面でも役立ちますので、数千円の中途半端なものを購入するよりははじめにしっかりとしたレインウェアを購入するのがおすすめです。

定番・おすすめのレインウェア

モンベルのストームクルーザージャケット
モンベル・ストームクルーザージャケット

登山の定番とも言えるモンベルのレインウェア。

注目したいのはその軽さです。ストームクルーザージャケットはジャケットとパンツが別売になっているのですが、ジャケットの重量は平均257g、パンツは約191g、あわせても約450グラムと超軽量になっています(メンズ)。その分収納も非常にコンパクトで、500mlのペットボトルよりやや大きいくらいのサイズです。登山中はいつもザックの中にレインウェア入れておかなければならないので、ここまで軽くてコンパクトだと本当に嬉しくなります。 素材はゴアテックスの「GORE C-ニットバッカーテクノロジー」を採用しているので透湿性だけでなく、しなやかで軽やかな着心地です。ジャケットのサイズは4種類、パンツのサイズはなんと11種類も用意されているので自分に最適なサイズ選べます。

登山の雨対策グッズ・雨具

ザックカバー

モンベル / ジャストフィットパックカバー30L
モンベル・ジャストフィットパックカバー35

サイズも豊富でフィット感が高いモンベルのザックカバー

ザックカバーとは外からスポッとザックを包み込む、ザック専用のレインウェアとも言えるものです。ザックの中の濡れては困る衣類や食料を雨水から守ります。ザックカバーはザックのサイズごとに用意されていますので、自分のザックにあったサイズのものを購入して下さい。もしザックカバーを用意する余裕がなければ、ゴミ袋などで代用してもかまいませんが、風が強いと飛ばされてしまいますのでしっかりと固定しましょう。また絶対に濡らしたくない衣類や機械などは、さらに専用の防水スタッフバッグで保護すると安心です。

防水バッグ

シートゥーサミット / ウルトラSILパックライナー L
シートゥーサミット SEA TO SUMMIT ウルトラSILパックライナー M

ザックカバーでザックを保護していても、大雨や一日中雨にふられればザックの中が濡れてしまうことは多くあります。そこで携帯電話や衣類など、絶対に濡らしたくない物を保護するためにも防水のスタッフサックを利用するのがおすすめです。頑丈なのでビニール袋の様に簡単に破れることはありませんし、汚れた衣類を入れたり、温泉用のバッグにしたりと何かと便利です。

レインハット

ノースフェイスのゴアテックス採用レインハット
ザ・ノースフェース GTX Hat ゴアテックスの全天候型ハット

帽子にもゴアテックスを採用した、レインハットやレインキャップと言われるものがあります。透湿性に優れたゴアテックス素材なのでむれにくく、またハットタイプの帽子は雨の日でも視界を確保しやすいのでおすすめです。レインハットは雨の日だけではなく日除けのハットとしても使用することができます。しかし晴れた日の暑い樹林帯などでかぶり続けることは熱中症の原因にもなりますので、体に熱がこもっているなら帽子を頻繁に着脱し、頭から放熱する様にしましょう。

モンベル / U.L. トレッキングアンブレラ
モンベル U.L.トレッキングアンブレラ

165gの折り畳み傘。軽くて小さいので普段使いにもおすすめ。

傘は風にも弱く手がふさがってしまうので登山には不向きですが、入山までや休憩中、テント場では折りたたみ傘があると重宝します。たとえば雨の日の登山の休憩中、いくらレインウェアを着ていても土砂降りの雨に打たれると気分はめいるものです。その点傘があれば視界もとれますし体を冷やしにくくもできます。モンベルはトレッキングアンブレラ、スノーピークからはスノーピーク アンブレラと言う製品名で、携帯性に優れたアウトドア用の傘が販売されています。もちろん日常でも大活躍してくれるでしょう。

防水・撥水スプレー

ニクワックス / TXダイレクトスプレー
ニクワックス TXダイレクトスプレー

高価なレインウェアでも次第に撥水力は落ちてきます。使用後は撥水スプレーを十分に吹き付けておきましょう。ただし、レインウェアの素材によっては専用のスプレーを推奨している場合や、撥水スプレーが使用をすすめていないものもあります。間違って使用すると撥水力を低下させる可能性もあるので、事前にメーカーサイトなので確認しておきましょう。

レイングローブ

ザ ノースフェイス / TNF レイングローブ
AXESQUIN - ライトシェル ウォータープルーフ グローブ

装着したままでも細かな作業がしやすいレイングローブ。26グラムと超軽量。

レイングローブは特別に必要のなものではありませんが、雨が直接手にあたると冷えるのでレイングローブがあると嬉しいところです。特に寒い季節の登山では指先がかなり冷えますのであると重宝します。またレイングローブは雨を防ぐ他に防寒の役割もあります。寒い日には薄いインナー手袋と一緒に使用し、通常の手袋としての代用もおすすめです。100円ショップで売っている化繊の伸びる手袋でも、風雨の場合はあると助かります。

ゲーター(スパッツ)

モンベル / ゴアテックスセミロングスパッツ
モンベル 【GORE-TEX】 ライトスパッツ セミロング

ゲーター(スパッツ)とは、靴の足首まわりをカバーして雪、雨、砂、小石など異物が靴の中へ侵入するのを防ぐ登山用品です。登山道は晴れの日でも雨の影響、また沢の近くではぬかるんでいる事が多いので、ズボンの裾を汚れから守ってくれるスパッツは大変重宝します。足首の周囲だけを覆うショートスパッツと、膝下までをカバーするロングスパッツがあります。

防水ソックス

シールスキンズの防水ソックス

モンベル GORE-TEX オールラウンドソックス
シールスキンズ 薄手 アンクル ソックス

少し馴染みが薄いかもしれませんが、最近では防水ソックスの利用者も多いです、特にトレランをやっている方、ゴアテックスを使用していないシューズを履いている方に人気があります。
登山靴にゴアテックスが採用されているのは一般的ですが、ゴアテックスでも雨が降れば靴の中が濡れないということはありません。靴下が濡れると靴擦れの原因にもなるので、雨用のソックスとしてザックの中に常備しておくのもおすすめです。

ゴアテックスのオーバーソックス

モンベル GORE-TEX オールラウンドソックス
モンベル GORE-TEX オールラウンドソックス

こちらはシールスキンズの様に直接履く靴下ではなく、靴下の上から履くオーバーソックスと呼ばれるものです。レインウェアと同じような感覚で雨が降ったら靴下の上から履くことができます。