初心者のための登山とキャンプ入門

登山の楽しみ

山頂に到着 イラスト

登山をまったくしたことがない人や、小学校の林間学校で行ったけど良いイメージがない人など、たくさんいると思います。「つらい・大変・きつい」、そんなイメージを登山に持つ人も多いかもしれません。それでも登山が好きな人はたくさんいて、一度ハマってしまえばなかなか抜けられないものです。そんな登山の魅力や楽しみは何でしょうか?ここでは、かなり主観的になってしまいますが、その登山の楽しみや魅力について書いてみたいと思います。

石井スポーツ 登山学校

登山の楽しみは旅の楽しみと同じ

登山をあまりしたことがない人が登山をイメージすると、重い荷物を背負って汗をかき、息を切らしながら坂道を登るシーンがまず思い浮かぶと思います。

「あの行為のどこが楽しいんだろう」 、「山頂でのビールはおいしいとか、山の空気はちがう、とか聞くけれど。でもそこまで苦労したくない。」

または、ピッケルを持って真っ白な岸壁を登る姿や、ニュースで聞く遭難の話でしょうか。

「あんな危険な事をする意味がわからない」、「自分とは世界が違う」。

でも、そんなふうにシャッターを降ろさないでください。登山の楽しみって、人それぞれと言ってしまえばそれまでなんですが、本当にその通りで十人十色、たくさんあるんです。

例えるなら、旅行にもいろんな種類があるのと同じように、です。

海外旅行でたとえるなら、用意されたツアーに参加して代表的な観光地や歴史的建造物の眺めを楽しむのも旅の一つ。効率よく回ることができます。登山でも、ツアーに参加して効率よく百名山を制覇していく事を目標にしたり、そこでの友達づくりを楽しむ人も居るでしょう。

逆に、観光地をパッと眺めて出されたものを食べるだけじゃ物足りない、現地の人の声や現地の人の買うスーパーに行き、路線バスに乗り、現地の言葉を覚えてお友達を作る、そういう旅を良しとする人もいますよね。登山で言うなら、山の地形や地質、植物や歴史などを良く知って、味わいながら一歩一歩、あるくことを楽しみとする人もいます。ローカルな電車やバスを使えば珍しい地名や雰囲気のありすぎる無人駅に出会い、無人売店で野菜を買い、手打ちそばを食べる。濃すぎるほどの新しい出会いがあります。

かといえば、どこでもいいから遠くへ行きたい、リフレッシュしたい、と手軽な海外のリゾートビーチなどに行く旅もありますね。登山でも、とにかく体を動かしたい、日常から離れた大自然の中を何も考えずに歩いて疲れた心をリセットしたい、無になりたい、そんな理由で行く登山もあります。

古くは猿岩石がやったアジア大陸横断の貧乏旅行のように、不便な環境にも耐えられる自分になって一つ大きなことをやり遂げたい、という旅もあります。学生の夏合宿なんかはそれに近いんじゃないかと思います。贅沢品は一切廃して20日分の食糧とテントとシュラフを担いで、日本アルプスを縦走する。人生観が変わってしまうくらいの衝撃を受けるでしょう。

北アルプス 白馬岳の縦走路
北アルプス・白馬岳の縦走路

最近ハヤリなのは、仲良しグループでの1泊旅行というノリの登山だと思います。テントの代わりに山小屋を予約しておけば荷物も少なく、初心者でもワイワイとおしゃべりしながら楽しく旅行気分で行けます。

高校生同士での初めての小旅行のイメージは、小さめの里山へ自分たちだけで計画して行く登山。自分で路線バスを調べて自分たちだけで地図を読んで相談しながら歩いたら、一生忘れないくらい印象に残ります。

これらと対局に、自分の体力や技術の限界を試したり、新たな記録更新を目指して死ぬか生きるかのギリギリに挑む、そういう旅や登山もあるでしょう。

挙げたらキリがありませんが、旅行にも優雅なクルーズからウルルン滞在記のような濃厚なものがあるように、登山も同じなのです。なので、「こういうのが登山だ」という先入観なしに、山に遊びに行って欲しいと思います。

私の登山の楽しみは

私は坂道や階段が大きらいです。なので、坂道をハアハア言いながら登っている瞬間は全然楽しくありません。でも、総合的に楽しい、それが登山なんですよね。ではどんな瞬間が楽しいのか、書いてみます。

倒されそうな風に吹かれて白いガスの中を歩いているとき

高山では、白いガス(雲)の中に自分が入ってしまって、足元しか見えないことがたまにあります。真横から風が吹いてそれに倒されないように必死に前の人の足元を見て、ついて歩く。ガスの中のこまかな水滴が髪について雨でもないのにポトポトとしずくが垂れてくる。 風に流されたガスのふとした切れ間から、遠くの峰が見えたと思えば、また真っ白な世界に包まれる。

スキーをする人は同じような経験があるかもしれませんね。登山では、雪山での話になると上級者レベルになってしまいますが、山だと夏でもこのような状態になります。実際に歩いている最中はけっこう必死なのですが、この、街では絶対に味わえないくらいの人間をちょっと不安にさせるくらいの自然の変化、脅威。「あぁ、山に行きたいな」と思うとき、思い出すのはこういうシーンです。

ガスに包まれた山頂付近

人と素で付き合える

久しぶりの友人と都心にお買い物に行く、となるとどんな服を着ていけばいいものやら悩むところですよね。悩みすぎて本来楽しみだった再会なのに、めんどくさくなったりすらしませんか。アウトドアファッションも最近では選択肢がありすぎるかもしれませんが、でも、登山においては自分に合ったものがベスト。大事に愛着持って使い込んだ装備こそ輝いているし、たとえカッコイイアウター自慢気に着ていたって、山では気にも留められない。自分の登山スタイルを持って自分らしくやっている人が、かっこいいんですよね。

なのでまず、外見を気にする必要はないということ。そして歩くときは結局、自分の2本の足。お金持ちだって偉くったって、それは同じ条件。そしてしゃべりたいときはしゃべり、無言で歩きたいときは、ただ歩く。そこに沈黙を気遣う必要はありません。そういう素朴な環境の中で歩いたり、テントを張ったりご飯を作ったりしているとそのまま現れてくる人間性にいつも思うのは、ドラえもんで言うところの「ぼーくたち~地球人~」とか、童謡で例えるなら「おヒゲを生やしたおじさんも、昔は子供~」というフレーズ、そういった感覚です。そしてそれはたぶん、自然の中に身を置く、というそういうことが人を素直にさせているのだとも思います。登山でのそういった人間の世界が好きで山に足を運ぶ人はたくさんいるんじゃないかと思います。

無音の暗闇に居るとき

暗闇の中で料理
暗闇の中での料理

近い山でも、山で一泊すれば途端に静寂と孤独の世界に身を置くことができます。奥多摩のとある避難小屋に泊まった時。外にあるトイレに出ると、そこにはまったく何の音もない暗闇が広がっていました。その暗闇は人を神妙にさせ、否応なく人間のはかなさとか人生には終わりがあることなどを次々と思い起こさせたりします。

もしかして宇宙のまっただ中にぽつんと放置されたら、こんな感じかもしれない、そんなふうに思ったりもします。でも人は地面に足をついて流行りの服を着て人気の店の食事を食べて・・・そんなことを繰り返すうちにそれが世界の全てのように感じます。しかし暗闇でふと目を閉じて見ると、それらは果たしてどれだけの意味があるんだろうと考えたりします。もしかして、初日の出を見たときに同じように思った、という人も居るかもしれませんね。 そういう、リセットする時間。それが登山では身近にあるんですよね。

下山後の食べ物、寝床

「山で食べるものは何でもおいしい」っていう健康的な人ならいいんですが、私は下山後の食事が一番楽しみです。そしてその楽しみは、登山の日数に比例して増えていきます。登山中は飲みにくい牛乳、冷えたコーラ、直火で焼いた焼き鳥、生クリームたっぷりのショートケーキ。これは、ダイエットをしている人とかスポーツで減量している人なんかと同じかもしれませんね。

でも、布団のありがたさ、はどうでしょうか。硬くて冷たい地面の上に薄いマットを敷いて湿ったシュラフの中でムリヤリ眠ろうとするとき。テントのフライシートは飛ばされないだろうか、雨はテントの中に入ってこないだろうかと心配しつつも明日の長い登山のために眠ろうと努力するとき。こんな時は普段の温かい布団がどんなにありがたいかを思い知りもするし、帰って家で眠るときは背中の下が硬くないだけで幸せな気分になれます。

「じゃあ行かなければいいのに」と思うでしょうが、不思議なことに少し経つとこういう世界が恋しくなる。これも登山の魅力だと思います。

不便さの真っ最中にいる自分

いつかの夏の6日間の縦走では、毎日が雨でした。カッパを着ていてもヒジを曲げればカッパの内側に水が溜まり、着替えたって意味がない。寝ている時以外はずっとカッパを着て、ずっと濡れっぱなしの毎日です。なんとか寝袋だけは濡れないように死守し、眠るときは防寒着のセーターを肌に直に着て、その上から湿ったTシャツを着て体温で乾かすという手法。みんなが同じくそういう状況で、もう笑うしかないというくらいの不快さ。

想像するだけでイヤな感じですが、こういうのもまた記憶に濃く残る、愛おしい瞬間なんですよね。そしてその不便さの中で見せる、メンバーの意外な底力だったり工夫や発見。限られた持ち物を駆使したり知恵を発揮してちょっと快適な環境になったり、食事が少しおいしくなったり。何を語るよりもその人の人柄が現れて、おもしろい。
もちろんそんな不便さをあえて求めて山に行くわけではないのですが、登山では良くも悪くもそういったややサバイバル的な側面に出くわしたりします。それも登山を面白くしている一つだと思うのです。